excitemusic

へ鯖をうろついてる一人の禿の物語です
by albed
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


( `_ゝ´)フォオオオオオオオオオ!

棚の影からこんにちわ。これたまり場知ってる人だったら結構怖いと思われ
e0016943_1013390.jpg


この組み合わせ結構良いと思うんですよ、ロボット刑事!みたいな感じで・・・

うーん、今日はそこまでネタがない・・・あぁ・・・1個だけあったか・・・
e0016943_1064040.jpg


ごめんなしあ!同性結婚は日本では認められていません!(ぁ

うーん、そうだ。ちょっと愚痴ってみよう。

あの頃の俺はどこへいったんだろう。
もう戻れないのか、それとも元々そうじゃなかったのか。
気がつけば自分は大きく変わっていた、自分でも分かってしまうほどに。
何があったんだろう、何をしてしまったんだろう、何を置いてきたのだろう。
別に変わったから俺じゃないってことはない、俺は俺。
ただ「変わったね」といわれると改めて自分を見つめなおす。
昔と何が違うのか、何が同じなのか。
いくら考えても答えは見つからない。やはり俺は未熟なのだろうか。
自分が変わったのは分かっているのに何が変わったのか分かっていない。
それとも変わっていないのだろうか、ならなぜ変わったと言われるのか。
きっとこれは一生答えを考え続ける疑問なのだろう。
それならば考え続けるしかない、止めてしまったら終わりだ。
俺という人間の終わりなんだろう、だから考え続けよう。
答えが見つかったらまたあの頃に戻れるのだろうか
いや、戻れはしない。 そんな都合のいい話はない。
もうあの頃は戻ってこない、あの頃の俺も戻ってこない。
過去は過去。今は今。
今を生きるのに精一杯な俺が過去にしがみついてどうする。
それは分かっているが時々ふっと思い出すあの頃。
すごく毎日が楽しかった、すごく毎日が充実していた。
何か嫌なことが起きてもすぐに立ち直れる。そんな日々だった。
終焉は残酷にも訪れる。 そんなことは分かっている、理屈でだが。
だが頭が、体が、心が理解してくれない。
それはきっと願望というもの、羨望というもの。
だがそんなものを持つ時期があっても、いい経験になったと思った。
過去があって今がある。 過去がなければ今は無い。
だから俺は今を生きよう、過去を時々思い出しつつ。




なんだこれwwwwwww愚痴じゃなくて変な文章になった。
ここ見た人で気分悪くなった人は文句言ってください。反省します
[PR]
by albed | 2005-07-07 10:20
<< 放置プレイが好きなんです。 フィーバーそれは風前の灯 >>